新着情報

スタブアクスルオイルシール2010年11月7日

CA3H0903ラダーフレームにリジッドアクスル、この古典的な構造を見ると一種の安心感を覚える。ランドローバーでは、クラシック・レンジローバー、ディフェンダー、ディスカバリー・シリーズ1などがそれにあたる。
「安心」の意味は「メンテナンスフリー」とか「壊れない」ということではなく、的確なメンテナスや修理を行いやすいということ。写真は、オートクラフトで中古車のクラシックレンジローバーの納車整備を行っている様子。リヤのブレーキ周りを点検したいたところ、ブレーキディスクの裏側がグリスとオイルでベタベタに濡れていることに気がついた。アクスルハウジング内にはデファレンシャルが、ハブベアリングにはグリスが詰められている。その間はスタブアクスル・オイルシールで仕切られている。そのシールが悪くなると、ギヤオイルがハブベアリングに回り込み、グリスはオイルで流れはじめる。それがブレーキディスクに飛び散る。
文字で表現するとわけが分からないが、とにかく、各パートごとに部品単位が分かれているので、悪い部分だけのパーツ交換が可能であり、最適なメンテナンスが可能にあるわけだ。
いちいち部品は重いし、ボルトはしっかり締め付けられている。我々整備業者はリフトやインパクトレンチに助けられるが、この頃のランドローバーを所有されているファンの中には、このあたりの整備をガレージでご自身の手で行っている方も少なくないだろう。リフレッシュの満足度がかなり高い部分である。

今回の交換部品は、主原因であるスタブアクスル・オイルシール、ハブシール、オイルでベタベタになったブレーキパッド、ブレーキディスク。ブレッキパッドとディスクは、残量としては交換するには少し早いかな?と思えるレベルだが、せっかく分解したのだから、この際気持ちよく新品を使うことにした。