新着情報

ハイトセンサー2012年8月7日

DSC1ディスカバリー・シリーズ2の7人乗りモデルには、リヤ側にエアサスペンションが採用されている。これは正常な車両の右後輪部分。くの時型に折れ曲がっているのは車高を検知しているハイトセンサー。全体的にちょうど劣化する時期にさしかかっているのか、最近はハイトセンサーのゴム部分に亀裂が入るトラブルが増えている。

DSC2今日、レイブリックで行った修理車の場合、センサーの間接部分近くが完全にちぎれてしまっていた。間接の自在部分の動きが悪くなり、近くのゴム部分に負担がかかって折損したようだ。こうなってしまえばセンサーは適正な車高値をコントロールユニットに送ることができなくなり、エアサスペンションの異常を感知して警告灯が点灯する。
センサーは普段から水や砂などがかかる場所にあるので、ゴム部の硬化や可動部分の不具合はやむをえないかも。試しに間接の可動部分に潤滑剤を吹きかけてみたが、完全に滑らかな動きにはならない。これでは弱くなったゴム部分に負担が掛かるのも必然だろう。
一枚目の写真のとおり、センサーは後輪の脇から覗き込めば簡単に目視点検ができる。もし、ゴム部分に劣化が見られたり、既に歪に変形しているようなら即交換が望ましい。レジャーに出かけた先で警告灯が点いてエアサスペンションの機能が停止してしまえば、その後長距離のドライブを続けるのが困難になるかもしれない。