新着情報

燃圧2013年10月31日

「エンジンが掛らないことが数回あった
ある3rdレンジローバーのオーナーさまからのお申し出である。ここ数週間の間にエンジンが掛らないことが数回あったが今日は掛る。掛らなかったときは、少し時間をおいたり、何度かクランキングしたら掛った。
もちろんどこかに不具合があるのだろうが、こういうケースのトラブルシュートはその判断が非常に難しい。EFI(電子制御燃料噴射装置)のどこかに原因がある場合にはテスターの診断によって何らかのフォルトが残っていることで手がかりになる場合もある。しjかし、フューエルポンプに不具合があってエンジンが掛らない場合にはフォルトは残らない。そして実際にこの車両の場合にはフォルトは残っていなかった。
それなら、ハイ!フューエルポンプを交換しましょう!というわけにもいかない。フューエルポンプ本体が壊れているのか、フューエルポンプを回すための電気回路に接触不良などの不具合があるのか、エンジンが掛っているときにはその判断が付かない。例えば、コネクターが熱で溶けて変形しているとか、ショートした痕跡が残っているとか、目視点検で怪しいと思えるほどの箇所が見つかれば別だが。

レンジローバー今回は数日間車両をお預かりし、燃料回路にプレッシャーゲージを取り付けて日に何度もエンジンを掛けて試してみることにした。クランキングをしてエンジンが掛らないことが起きたら、その瞬間のプレッシャーゲージを見る。燃圧(プレッシャー)が上がっていなければポンプが回っていないことの証拠である。そして、それは3日目に朝訪れた。燃圧「0」。そしてポンプ回路に12Vの電圧がきていることを確認。アース回路も点検。
電気回路は成立しているのも関わらずポンプが回らない。つまりフューエルポンプ本体が原因!とうことになる。
さっそくフューエルポンプを交換。無事完了!

10万円以上掛るフューエルポンプを、ヤマカンで交換してみましょうか?というにもリスクがある。今回はお預かり期間中に症状が出てくれたからとても良かったケース。そして、一発で壊れてしまって出先で立ち往生しなかったことが非常にラッキーだった。

ATF交換の必要性2013年10月25日

最近ではATF(オートマチック・トランス・フルード)の交換は必要ないとされるクルマが増えている。しかし、それはあらゆる機能が正常であリ続けた場合という条件付のことだと私は思う。
例えば3rdレンジローバー、我々がこれまで扱ってきた過去のランドローバーと比較すると幾分A//T(オートマチック・トランスミッション)のトラブルが多いように感じる。実際に10万キロそこそこで滑り始めてしまい、オーバーホールが必要になった車両も数台経験した。しかし、おそらくだが、それは元々の原因は他の部分にあると推測している。例えばエンジンの水温。
過去にも再三3rdレンジローバーのエンジンの水周りトラブルを取り上げてきたが、ラジエターをはじめとする冷却系統がこのクルマのウィークポイントであることは名言できる。水温計では気づかないほど微妙なオーバーヒートが原因でA/Tの油温センサーが異常を感知することもる。若干のオーバーヒートがジャブのように効いてきて、水冷オルタネーターの寿命を早めたりすることもある。推測だが・・・。そして、微妙なオーバーヒートが長年続いた場合、きっとA/Tの温度環境にも悪影響が及んでいると思う。
レンジローバー特に荒っぽい運転をしているわけではないのに、例えば5万キロあたりでATFの状態を点検すると、真っ黒に汚れたクルマとそうではなくまだまだキレイなクルマがある。単にA/Tの寿命の「運」ではなく、他からの影響を受けてしまったかどうかが起因している可能性が考えられる。やはりそれは「熱」の影響が大きいと思う。

レンジローバーATとにかく、3rdレンジローバーの場合にはラジエターの詰まりなどエンジンの水周り系統には慎重になる必要がある。ATFの汚れはそんな要因のサインであることも考えられるし、いずれにしても既に汚れてしまっているATFのまま「無交換」を貫き通す意味はないだろう。
まずは点検を兼ねて適度な距離でATF交換。更に汚れがひどい場合にはストレーナー(フィルター)と一体になったオイルパンも同時交換がお勧め。