新着情報

NEW DEFENDER90 LEGO 完成しました。2020年1月25日

NEW DEFENDER
LEGO がついに完成致しました。
のべ12時間の作業となり、途中オートマがバックしない等やり直しもありましたが、大作を完成出来ました。

新型ディフェンダーLEGO
LEGO SHOPにて販売されていますので皆様も是非チャレンジしてみて下さい。

このディフェンダーLEGOはレイブリック長久手本店にて展示しています。

 



 

DISCOVERY SPORTS2020年1月15日

LANDROVER DISCOVERY SPORTS

レイブリック展示車両の2台になります。

黒のSEディーゼルと白のHSEガソリンモデル。

 


 

ディスカバリースポーツの良さは何と言っても、その乗り心地にあると私は思います。

力強くもマイルドで柔らかいエンジン。9速オートマの小刻みでスムーズな加減速は、時にスロットル強めで踏み込んでも機敏に反応してくれます。そしてランドローバーファミリーの末っ子ながら、足廻りの上品なセッティングは高級車そのもの。


アクティブに遊んでも楽しい、スポーツ。

キャリアを載せたり、アロイホイールを換えたりしてカスタマイズしてもお洒落です。

昨年末にPTAプラットフォームを使用した大型マイナーチェンジがされましたが、だからこそマイナーチェンジ前の新古車、中古車がお手頃になってきますね。

これは本当にいい車です!欲しい!

新型ディフェンダーLEGO2020年1月14日

新型ディフェンダーのLEGOを購入しました。

約3万円ほどするランドローバー公式のNEWディフェンダーLEGO。

全長42cm、高さ22cmの大きなLEGOのモデルカーが完成します。

 


 

早速レイブリックスタッフで製作にあたっていますが

ステアリングやサスペンションなど各部品がレゴの歯車によって作動し、とても高い完成度を誇っています。

製作するのがとても楽しい。

 


 

完成が待ち遠しくもありますが、作っている時が一番楽しかったりしますね。

アルバゴールドのイヴォーク2020年1月11日

先日も少しご紹介させて頂いたレンジローバーイヴォークの展示車両、2017年モデルのアルバゴールド。

アルバゴールドのアルバはカリブ海のリゾート地、アルバ島をイメージして付けられています。シャンパンゴールド系のカラーで、2017年モデルからの新色となります。ゴールド系ではカイコウラストーンもありますが、こちらをもっと薄くさせたカラーリングです。

 



 

地下駐車場で思わず撮影をしてしまったほど、コンクリートという無機質な背景にぴったりと合うクールな印象です。都会的で上品なイヴォークのイメージに良く似合っています。格好良いですね。


 

全てのレンジローバーシリーズに言える事ですが、レザーの質感が本当に素晴らしく、英国車らしい味わいと気品を感じさせてくれます。

こういったドアトリムの丁寧な処理が個人的に好きです。特にドアの開閉時などに日々触る事となるインナーハンドル付近に、こういった上質なレザーが使用されていると、気持ちも落ち着きますし、レンジローバーの世界観を味わっている=レンジローバーを所有しているという満足感を得る事ができます。


 

センターコンソールパネルサイドの無機質なアルミパネルにはサテン仕上げが施されていますが、その仕上げ処理が秀逸です。ただ一方向だけに仕上げ処理がされているのではなく、パネルの湾曲に沿って線上処理がされています。これは機械的に行っているとは思いますが、まるで職人が一つ一つ処理をしているのかのように思えてしまいます。


 

ナビゲーションは後期最終型となり、大型でタッチパネルの使用感もとても良い一品です。ランドローバーはタッチプロデュオや、マイナーチェンジ毎のデジタルインフォメーションシステムのバージョンアップが有り、デジタルと英国気品ある伝統処理との融合が素晴らしいと感じています。

古き良き物(レザーやアルミパネル、ウッドパネル)と、最先端の技術(デジタル製品や安全装置、駆動装置など)がお互いを尊重しあいながら調和をしている。

イギリスという国そのものを表しているかのようですね。

レンジローバーLM5N納車整備中2020年1月11日

土浦店で納車整備中のレンジローバーLM5N。

通称サードレンジローバー、V8  5.0リッターNAエンジン搭載の後期最終モデルで、機能、装備、デザインともに3代目の完成型です。

オーナー様はセカンドレンジローバーから歴代モデルを乗り継いでこられた、まさに”ランドマニア”。

今回も妥協の無い徹底した納車整備で、オーナー様に愛される車両に仕立ててご納車いたします!