LAYBRICK

戻る
CONTACT

CONTACTお問い合わせ

ランドローバー Q&A

  • 掲載日 2021.09.05

    ディスカバリー4 (Y様さん)

    こんにちは。

    2011年モデルのディスカバリー4に乗っています。
    最近、停止する時に下回りから出るコツコツ音が気になります。
    修理は必要ですか?

    A

    ホームページからのお問合せありがとうござます。

    停止する時のコツコツ音はロアアームのブュシュが原因の可能性が高いです。

    ディスカバリー3、ディスカバリー4、レンジローバースポーツ(2013年モデルまで)はフロントサスペンションに

    拳大のブュシュが6個あります。 液体封入式で乗り心地の肝になる箇所です。

    乗られ方に寄りますが10年/10万キロが交換の目安と思われます。

    封入されている液体が劣化で抜けてしまいブュシュ本体が痩せてしまうため、ブッシュを覆っているジョイント部で

    前後に動いてしまうのでコツコツ音が発生します。  劣化が進みますと発進時や停車時にショックを感じる症状に

    悪化して来ます。 車検が通らない箇所ではありませんが、ディスカバリー本来の乗り心地を楽しんで頂くには

    整備おすすめしたい箇所になります。

    弊社では中古車の納車整備で予防交換をする箇所ですので、在庫も持っています

    サスペンションを脱着しますので作業後の4輪アライメントも調整致します。

    車体番号をお知らせいただけばお見積りを送付させていただけます。

     

過去の質問・回答

QUESTIONS一覧に戻る