新着情報

エンジンオイル交換の変遷2016年9月13日


最近のランローバーエンジンでは、オイル交換時に便利なフィラーパイプが付いているものがある。5リッターエンジンや、3リッタースーパーチャージドエンジンなどがそう。
エンジンオイルのフィラーキャップを取り外すと中心部に金属製のパイプが見える。このパイプはオイルパンの最下部付近まで届いていて、ここからエンジンオイルを吸い上げれば残らずキレイに抜き取ることができる。抜き取りには真空ポンプを使う。以前、この方法でオイルを抜いたあと、試しにリフトで車体を上げて実際にオイルパンドレンプラグを取り外してみたことがあった。オイルは全くと言ってよいほど残っていなかった。
リフトを使わなくても良いので作業スペースも大変助かるし、全てのクルマが順次こうなってくれると嬉しい!
ランドローバー
レンジローバー
レンジローバー_オイル

予防給油2016年8月21日

もう何度も記事にしているが、今日も3rdレンジローバーのフューエルポンプの故障について。ガソリン供給の構造はレンジローバーに限らず、多くのクルマが同様のシステムである。クルマによって故障の頻度の大小はあるが、それはたまたまのこと。ランドローバー車のなかではBMWエンジン搭載の2002~2005年モデルレンジローバーはこの故障が比較的多いほうと言える。故障が多いなら予防で交換するのも手だが、ただこればかりは何キロ走ったからとか、何年乗ったからという基準で定期交換するにはあまりには判断が難しずぎる。長いレンジローバーオーナー歴の中で一度起こるかどうかという低い確率なのである。
今日も3rdレンジローバーのフューエルポンプを交換したのだが、ご覧のように配線が焦げていた。元々はポンプ(モーター)自体から異音が出るほどにまでスムーズな回転が損なわれていたのだが、そのために抵抗が大きくなり、ワイヤハーネスには大きな電流が流れるようになる。そのためギボシの加締め部分など、抵抗を持つ部分がより加熱をし、回路の損傷を早める。故障に至るまでの理屈は、我々はおおよそそんなふうに推測をしている。
フューエルポンプはフューエルタンク内にあり、ガソリン満タン時には完全にガソリン内に浸かっている。それによって冷却と潤滑が行われている。そう考えると、ガソリンが減ってきたときにはタンク内でポンプが露出をし、次にガソリンを給油するまでの間、潤滑や冷却機能が損なわれることになる。
こんなふうに考えているので、私は常々できるだけ早めに給油をするように心掛けている。フューエルメーターが半分以下に下がってきたら早めに満タンにする。厳密にはガソリンが軽いほうが燃費も良いだろうが、もしも満タンを維持することで肝心な時に立ち往生する確率が減るなら私はそのほうが良いと考えている。

DSC_3327
DSC_3328

休業のお知らせ2016年7月31日

8月28日(日)はイベント開催のため休業いたします。

オフロード&バーベキューイベント開催2016年7月31日

オフロード走行&バーベキューを楽しむイベントを開催いたします。
詳しくは店頭で、またスタッフまでお問い合わせください。

■ 日時:8月28日(日) 10:30~17:00
■ 場所:さなげアドベンチャーフィールド
 (愛知県豊田市) 

バッテリー交換2016年7月23日


バッテリーは冬場など気温が低いと性能が落ちる。弱ったバッテリーではエンジンが掛からなくなることもある。しかし、夏場も怖い。夏場の場合には弱り始めの兆候もなく、突然イカれてしまうことがある。
私もこんな経験がある。夜のガレージでのこと。トランクから荷物を取り出すために、エンジンを掛けて1メートルほどクルマを前進させ、近所迷惑を考えて一度エンジンを止めた。ところが、荷物の整理を終え、クルマを元の位置に戻そうとしたらエンジンが全く反応しない。ルームランプも、メーター内の照明も点かない。さっきは一発でエンジンが掛かっただけに、電気系が突然故障したのかと思うほどだった。しかし隣のクルマからブースターケーブルで繋ぐと、エンジンはすぐに掛かった。やはりバッテリーが原因だった。まだ出先ではなくガレージでのことで助かったケースではある。
夏場のバッテリー不良は、こんなふうに突然不運に見舞われることがある。兆候がないことも多いので非常に困る。2~3年経ったら早めにバッテリーを交換するしかない。いずれにしても、ロードサービスの連絡先だけはどこかに控えておくとよいでしょう。

これはバッテリー交換の作業風景。3rdレンジローバーのバッテリーはこの位置にある。周辺のパーツをいくつか取り外さないと取り出せない。それでもスペースはギリギリで、その狭い隙間から重いバッテリーを脱着するのはとても簡単とは言えない。バッテリーを買って帰ってご自身でチャレンジ、そんなメンテナンス好きなオーナーさまもいらっしゃるだろうが、くれぐれもギックリ腰にご注意を!
レンジローバー
レンジローバーバッテリー
レンジローバーバッテリー交換